相談は早めに弁護士に

車による人身事故は、毎日いたるところで発生しています。その事故の被害者になった場合にやはり気になるのが慰謝料です。自分自身が病院へ搬送されて入院してしまったとか、一家の主である被害者が、後遺障害が残るほどの重症であったら、これからの生活がどうなるのか一番の不安材料でしょう。

パソコン

任意保険や自賠責保険に加入していれば、保険会社が加害者と被害者の間に入って交渉を重ねてくれますが、全てを任せてしまって本当にそれでいいのでしょうか。実は保険会社だって、慰謝料などの保険金を安く抑えたいと言うのが本音でしょう。交渉のプロである上に保険会社の社員ですから、自社から1円でも多く出したくないものです。

交渉時には、法律家にも劣らぬ知識を用いてきますので、被害者側が自動車事故の判例などに詳しくなければ、不利だと思える慰謝料の額にサインすることになるかもしれません。

納得できないものに対して首を縦に振ってはいけません。被害者として自分の主張を述べなければ話し合いもここで終了してしまいます。このようなときこそ、弁護士に介入してもらう必要があるでしょう。できるだけ早い段階で弁護士に相談することをおすすめします。交通事故を専門に担当している弁護士がいますので、過去の判例にも詳しいベテラン弁護士をネットなどで探してみるといいでしょう。

Pocket