弁護士基準で慰謝料も倍に

人身事故の被害者になり慰謝料を請求したければ、事故直後の早い段階で弁護士に相談すたり依頼することをおすすめします。できる限り、警察が関与している捜査段階で弁護士が介入していれば、被害者にとっても有利な証拠を残せることでしょう。

加害者にとっても事故後の処理が早く終わることで交通裁判所での心証がよくなることから、早く決着したいと考えていますからかなり強引に示談金の話を進めてくるでしょう。

弁護士そうなる前に、弁護士に依頼することで弁護士基準で慰謝料を算定することができるようになります。慰謝料には3つの算定基準があります。自賠責保険や任意保険など車を運転する人であれば必ず加入している保険ですが、保険会社によってこの基準にも大きな差が出てくるのです。弁護士基準であれば、今までの交通事故の判例を参考にしていることから、客観的に判断できると考えられています。また、この弁護士基準は、弁護士でなければ交渉することが難しくなることで、交通事故弁護士に相談してしまったほうが確実に解決への近道となるでしょう。

弁護士に相談したことで多くのメリットを得ることができますし、保険会社から提示された額の10倍以上もの慰謝料を手にすることも可能です。

加害者や被害者の誠意だけでは片付けられない人身事故では、信頼のおける弁護士に相談しましょう。

Pocket

相談は早めに弁護士に

車による人身事故は、毎日いたるところで発生しています。その事故の被害者になった場合にやはり気になるのが慰謝料です。自分自身が病院へ搬送されて入院してしまったとか、一家の主である被害者が、後遺障害が残るほどの重症であったら、これからの生活がどうなるのか一番の不安材料でしょう。

パソコン

任意保険や自賠責保険に加入していれば、保険会社が加害者と被害者の間に入って交渉を重ねてくれますが、全てを任せてしまって本当にそれでいいのでしょうか。実は保険会社だって、慰謝料などの保険金を安く抑えたいと言うのが本音でしょう。交渉のプロである上に保険会社の社員ですから、自社から1円でも多く出したくないものです。

交渉時には、法律家にも劣らぬ知識を用いてきますので、被害者側が自動車事故の判例などに詳しくなければ、不利だと思える慰謝料の額にサインすることになるかもしれません。

納得できないものに対して首を縦に振ってはいけません。被害者として自分の主張を述べなければ話し合いもここで終了してしまいます。このようなときこそ、弁護士に介入してもらう必要があるでしょう。できるだけ早い段階で弁護士に相談することをおすすめします。交通事故を専門に担当している弁護士がいますので、過去の判例にも詳しいベテラン弁護士をネットなどで探してみるといいでしょう。

Pocket

人身事故の被害者に!

毎日どこかで必ず起きている自動車事故は、自分が加害者になることもあれば、ケガをして入院する被害者になることだって十分にあり得ます。もしも自分や家族が人身事故にあってしまったときには、どのような対処をすればいいのでしょうか。

車と車衝突交通事故は決して他人事ではありません。全国の交通事故発生件数は毎年のように多く発生しています。1日に1500件以上もの事故が起きている計算にもなるので、交通機関の乗り物の中で断トツ1位なのが自動車事故なのです。それも年間に80万人近くの負傷者がでてしまうので社会問題にもなっていますし、道を歩いていても車に乗っていても、いつ自動車事故に巻き込まれてしまうかわからないので防ぎようもないでしょう。

車による人身事故の被害者になり、加害者側や駆けつけた警察との現場検証が行われている間、とても不安な気持ちになります。事故の状況や車両などの物損があるのか、加害者と被害者の身元ならびに任意保険や自賠責保険に加入している書類を確認しなければいけません。目に見えるケガをしている場合には病院へ搬送されるでしょう。しかし、ここで気を付けなければいけないのが、頭や胸部、腹部などを打撲していないかです。目に見えない身体の中に打ち身があり、内出血していることがあれば、最悪の場合には帰宅途中で倒れてしまうこともあるでしょう。

人身事故の被害者になってしまったときには、ケガの度合いに関係なく必ず病院へいくことをおすすめします。

Pocket