弁護士基準で慰謝料も倍に

人身事故の被害者になり慰謝料を請求したければ、事故直後の早い段階で弁護士に相談すたり依頼することをおすすめします。できる限り、警察が関与している捜査段階で弁護士が介入していれば、被害者にとっても有利な証拠を残せることでしょう。

加害者にとっても事故後の処理が早く終わることで交通裁判所での心証がよくなることから、早く決着したいと考えていますからかなり強引に示談金の話を進めてくるでしょう。

弁護士そうなる前に、弁護士に依頼することで弁護士基準で慰謝料を算定することができるようになります。慰謝料には3つの算定基準があります。自賠責保険や任意保険など車を運転する人であれば必ず加入している保険ですが、保険会社によってこの基準にも大きな差が出てくるのです。弁護士基準であれば、今までの交通事故の判例を参考にしていることから、客観的に判断できると考えられています。また、この弁護士基準は、弁護士でなければ交渉することが難しくなることで、交通事故弁護士に相談してしまったほうが確実に解決への近道となるでしょう。

弁護士に相談したことで多くのメリットを得ることができますし、保険会社から提示された額の10倍以上もの慰謝料を手にすることも可能です。

加害者や被害者の誠意だけでは片付けられない人身事故では、信頼のおける弁護士に相談しましょう。

Pocket